2009年1月6日

Twitter phishing warning announced

Twitter が、フィッシングサイトに対して注意を促しています。

Twitter からのダイレクトメッセージお知らせメールに似せたメールが届いた場合、そのメールのリンクをクリックしたアクセス先が twitter.com や twitter.jp ではなく、 twitter.access-login.com であった場合はフィッシングサイトです。該当する URL ではなくても twitter.com / twitter.jp 以外の場合は不正サイトである可能性が高いのでパスワードの入力はしないようにしましょう。

なお、私が常用しているブラウザ - Safari, Firefox, Opera (いずれも Mac 版) - ではフィッシングサイトにアクセスしようとすると偽装サイト警告が表示されてアクセスできないようになっています。

フィッシングの被害を防ぐには、メールに記載してあるリンクをクリックするのではなくて、普段アクセスするサイトはブックマークに登録してブックマーク経由でアクセスするのが有効です。

また、最近のブラウザではブックマークに登録してある URL に対しては補完が効くようになっています。 このため、ブックマークはとりあえず整理せずにあれこれ登録しておいて、アドレスバーに URL の一部を入力して補完候補から選択するという方法も便利です。

0 件のコメント: