2008年9月5日

TOS of Chrome updated

Google Chrome の利用規約に、 Chrome を利用して送信したすべてのコンテンツは Google が利用する権利を持つという条項があるということで話題になっていましたが、問題の部分は削除されたようです。

問題の条項はすべての Google サービスに共通の条項で、 Blogger や Picasa Web Albums などのようなデータ保存型のサービスの場合には当てはまりますが、さすがに Chrome には馴染まない条項だということに Google も気がついたようです。

Google は個別のサービス毎に利用規約の見直しをすることなくサービスを展開していたわけですね。ちょっと配慮が足りないような気がします。

0 件のコメント: