2008年9月27日

Foliow-up comments will be sent

Blogger のコメント入力欄は標準では別ページですが、 Blogger in Draft では個別記事ページ内にコメント入力欄を設置することができます。

標準のコメントシステムを使い、読者が Google アカウントでログインしてコメントを記入した場合、その記事に新しいコメントがあるとメールで通知してくれる機能があります。自分のコメントに対して返答があったかどうかいちいちブログにアクセスしなくてもいいので便利ですし、必要なければ無効にもできるので気が利いています。

この機能は、個別記事ページ内にコメント入力欄を設置した場合には機能していませんでした。しかし、現在では個別記事ページ内のコメント入力欄でもお知らせメールを利用できるようになったようです。

@Blogger の記事ページにコメント投稿フォームを追加する

お知らせメールが必要なら、コメント入力欄の右下の "Subscribe" というリンクをクリックするとお知らせメールが有効になります。お知らせメールが有効な場合はリンクが "Unsubscribe" になっていますから、ここをクリックすることでお知らせメールを無効にできます。

使い方自体はシンプルでわかりやすいのですが、用語がわかりにくいですね。特にコメント入力欄のさらに下には、 "Subscribe to: Post Comments (Atom)" というリンクがあり、これはその記事に対するコメントのサイトフィードをフィードリーダーに登録するときに使います。

どちらも "Subscribe" なので紛らわしいのです。ブログ以外のサイトでは "Subscribe" といえばメールマガジンあるいは通知メールであることが多いのですが、ブログの場合はサイトフィードであることがほとんどです。"Subscribe" だけでなく、 "e-mail" などの言葉を入れてほしいところです。

0 件のコメント: