2008年7月31日

Managing followers on protected account

Twitter で、アカウントを非公開にしている場合の挙動が変わりました。一番大きな変更点は、相手を follow しなくても自分の投稿を見せることができるようになった点です。

今までは、非公開アカウントで誰かに follow のリクエストがあった場合、その相手を follow しなくては相手に自分の投稿を見せることはできませんでした。現在では、 follow のリクエストを承認すれば、相手を follow することなく自分の投稿を見せることができます。更に自分も相手を follow するには改めて follow の動作が必要です。

少人数のグループだけで使う場合には従来と同じようにお互いに follow し合ってアカウントを非公開にしておけばいいのですが、私のようにスパム follower を避けるためにアカウントを非公開にしている場合には今回の変更は便利です。自分からは follow しなくても相手に投稿を見せることができるわけですから。

また、この変更に伴って follower のページでいつでも相手の follow を解除することができるようになりました。つまり、今まで投稿を見せていてもその人に投稿を見せたくなくなったら簡単に follow を外せるということです。

元々はパブリックな発言の場として始まった twitter ですが、ユーザーがあまりにも増えてきたので少し狭い範囲での利用方法が必要になったということなのでしょう。

0 件のコメント: