2008年7月26日

Always use secured Gmail

Gmail に常時 SSL 接続するようになる新しいオプションが追加されました。

従来であれば https://mail.google.com/ にアクセスしたときには SSL 接続されていましたが http://mail.google.com/ にアクセスした場合は当然ながら SSL 接続になはりませんでした。

新しいオプションで常時 SSL 接続に設定すると、 http://mail.google.com/ にアクセスした場合に自動的に https://mail.google.com/ にリダイレクトされます。 http://m.gmail.com/ にアクセスした場合でも、 SSL 接続のモバイル版ページにリダイレクトされます。

これで、安心ですね。と思ってはいけません。メールというのは必ず相手があるわけで、手許の端末と Gmail のサーバー間は保護されても、相手の端末と相手のメールサーバー間、そしてメールサーバー相互間の接続は保護されているとは限りません。

何もしないよりはいいですが、本当に重要な内容であれば、他のもっと確実な方法を使うなり、暗号化した情報を送信して、復号に必要なキーは別便で送るなどした方がいいでしょう。

2 件のコメント:

Yoshinori_K さんのコメント...

さすが!
Hit さんらしいコメントですね~。
隙がないですね。

Hit さんのコメント...

昔の教科書にはメールはサーバー間での通信は保護されないと書いてありましたが、最近は SSL を過信している風潮がありますね。