2008年4月9日

Uploading a video to Flickr

 Flickr に、ビデオ投稿機能が追加されました。すでに多くの人がブログにかいるので、詳細はそちらにまかせるとして、気がついた点をいくつか書いてみます。

 実は、今回の変更で、ビデオ投稿機能というより新しいアップロード画面がかなり良くなっています。複数の動画や写真をアップロードするときに使いやすく、アップロードの経過もわかりやすくなっています。実はビデオ投稿機能よりもこちらの方が目玉なのかもしれません。

 Flickr のビデオ投稿機能では、動画サイズは 90 秒までです。つまりほんの短いものしかアップロードできないということです。 YouTube との競合は最初から避けているような気がします。また、 Pro ユーザーだけがビデオをアップロードできるという点も特徴です。つまり、有料の Pro ユーザーの特典の一つとしてビデオ投稿機能を用意したということであって、写真に加えてビデオも扱えるようになったと一般論で言ってしまうには問題があります。

 肝心の動画のクォリティですが、これは YouTube よりもかなりいいと感じました。画質がいいだけでなく、プレイヤーも Vimeo のような、コントロール画面が必要なとき以外は表示されないスタイルですっきりしています。このあたりは、後発としていろいろ研究してきた成果なのでしょう。

 ただ私がこの機能をどれだけ使うかというと、あまり使わないような気がします。まず第一に、 Flickr にアップロードしている写真は、イベント記録的なものを除けば飾れるものを中心にアップロードしているということ。動画は印刷して額に入れたり、あるいはデスクトップピクチャとして飾るという用途には向いていません。そもそも、精細度という点では、一般ユーザーが扱う動画はまだまだ静止画に負けています。

 パブリックなものではなくプライベートなビデオ共有として考えるならば、 Flickr はもっとも魅力のあるサービスの一つになるでしょう。写真と動画をアルバムにまとめると、特定の人だけが見ることができる Guest Pass を発行できる点もいいですね。 Flickr はかつての写真好きがお互いの写真を見せ合う場に加えて、普通の人が友人と写真や動画を見せ合う機能を併せ持ったサービスになってきました。

2 件のコメント:

Kamimura さんのコメント...

ご無沙汰でーす。
Flickrの動画投稿、いいですね~。
でも、手持ちのカメラでは動画が取れなかったりして(笑)。

ではでは~。

Hit さんのコメント...

 kamimura さん、ご無沙汰です。この動画機能については反対意見もいろいろと出ていますが、その圧倒的な画質を見てしまうとこれは「写真サイト」 Flickr の動画なのだということを納得してしまいます。

 ちなみに、日本の携帯電話(そちらに持っていってはいないですか?)なら動画撮影機能がついていますよ。