2008年4月6日

Logging and archiving

 ブログというのはその名前の由来の通り、 web 上の log なのですが、 log ということは記録ということです。基本的に時系列に並んでいるのがブログの特徴ですが、それとは別に、過去のデータを保管しておく archive 機能も持っています。

 例えば、 Blogger では、過去の記事をひと月毎に、あるいは週毎にまとめて表示することができるようになっています。また、必要であればラベルをつけて、ラベル毎に表示することもできます。それ以外にも、 Google の検索機能を使って過去の記事から必要なものを探し出すこともできます。

 では、 Twitter などのマイクロブログではどうでしょうか。 Twitter にあるのは log だけです。 Archive としての機能は充実していません。 API が公開されていますから、そういったことは外部サービスにまかせるというのが Twitter の流儀ですから、必要であれば外部サービスを作って archive 機能を充実させるのが筋なのでしょう。

 逆に、積極的に外部サービスを利用しているのが、 Twitxr です。 Twitxr では、設定によって投稿した写真を facebook, flickr, Picasa Web Albums に送信することができます。特に、 Picasa Web Albums は log 的な部分がほとんどなくて archive に特化したサービスですから、あとから他のアルバムに写真をコピーしたり移動したりして自在に整理することができます。 Flickr はそれ自体が log であり archive でもありますが、他のサービスと組み合わせて使うことを前提としたときに Picasa Web Albums の特徴が際立ってきます。

 ここまで書いて、同じことが Blogger でもできることに気がつきました。 Blogger ではタイトルのない投稿も可能です。メールでの写真付き投稿も可能です。ブログに添付した写真は Picasa Web Albums に保管されます。つまり、 Twitxr と同じようなことが Blogger でもできるということです。その上、過去の記事に関しての archive 機能も充実しています。

 Blogger に足りないのは friends 機能ですね。しかしこれに関しても、 Gmail や Google Talk のコンタクトリストを関連づけできるようなことがあれば、 Blogger だけですべてができることになります。今はまだそれほど連携がとれていない Google の各サービスの連携が完全になったとき、一つの大きなサービスとして完結します。

 そしてこれは Yahoo や Microsoft がもっとも恐れていることではないでしょうか。今は別個のサービスですが、それが自在に連携できるようになったら、 Yahoo や Microsoft がやっている総合ポータルにとっては最大の脅威になるでしょう。

 では逆に、 Yahoo や Microsoft がとるべき道はどうなるのでしょうか。私は、自社のサービスだけで完結させるのではなくて、 Twitxr がやっているように他社のサービスとも自在に連携できるようにすることだと考えます。今でも、 Flikcr は認証機能によって外部サービスにパスワードを預けることなく外部からの利用が可能です。また、 Flickr から Blogger など外部サービスの利用も可能です。このような自社のサービスにこだわるのではない柔軟な顧客優先の態度こそが、これからの web サービスのあるべき姿だと考えます。

0 件のコメント: