2008年4月17日

Live view with four thrids lenses

 オリンパスとパナソニックのレンズが、互換性を向上させました。従来は自社のレンズでしかライブビュー時にコントラスト AF が使えなかったのですが、ファームウェアのアップデートによってオリンパスのボディにパナソニックのレンズを付けたり、パナソニックのボディにオリンパスのレンズを付けてもコントラスト AF が使えるようになりました。

 レンズのファームウェアをアップデートするには、同じメーカーのボディが必要です。持っていない場合は、サービスセンターに持ち込むことになります。さすがにここまでの互換性はないようですね。しかし、機械的なマウントと基本スペックだけでなく、より互換性を向上させたことは評価できます。

 現在のところ、ライブビュー時にコントラスト AF が使えるボディはどちらのメーカーも 1 機種のみで、対応するレンズも限られています。

2 件のコメント:

Yoshinori_K さんのコメント...

ご無沙汰でーす。

互換性向上に取り組むメーカーの姿勢は、4-3rdsユーザには朗報ですね。
まぁ、私のボディには関係ないようですが。
でも、ライカレンズ欲しいなぁ。

aka「ちゃめ」でした。
最近、このアカウントで常にログインしているので、また出没します。

Hit さんのコメント...

 私のボディにも関係ないのですが、今後関係することがあるかもしれませんね。