2008年3月22日

Holiday with family



家族で東山動植物園に行ってきました。今回は、写真撮影がメインではないので E-410 は持たずに Optio M20 だけを持っていきました。

Optio M20 の利点は、小型軽量というだけではなくて、単三乾電池で動くため、外出時の不意の電池切れでも最寄りの売店で乾電池を購入すれば使えるという点があります。大容量 SD カードが安価になってきたため、メモリー容量については心配する必要がなくなりましたが、バッテリーの方が追いつきません。

その他にも、リチウムイオンバッテリーだと、使っているうちに劣化してくるのはしかたがないのですが、単三乾電池だとニッケル水素電池を使えば充電可能だし、劣化しても電池の交換が容易です。リチウムイオンバッテリーは専用電池になるので古いモデルだと交換用バッテリーすら入手できなくなることもあります。ただ今では単三乾電池モデルのほとんどはエントリークラスです。高性能モデルが欲しければどうしてもリチウムイオンモデルになってしまうのが残念ですが現状です。



最近のコンパクトデジカメではほぼ例外なく動画も撮影できます。さらにカシオの EXILIM などでは H.264 形式で撮影できる上、 YouTube に簡単に動画を投稿できるようになっています。EXILIM シリーズの中では、 Z80 が小型軽量で持ち歩きに便利ですが、サンプル画像を見ると Z100 との画質の差は大きいようです。少しのサイズと価格差を考えると Z100 の方がおすすめです。

ただし、 EXILIM の付属アプリケーションは Windows にしか対応していないため、 Mac だと利用できません。もちろん、普通の手順で YouTubue に投稿することはできます。その点、オリンパスのデジカメに付属している OLYMPUS Master 2 だと、 Win / Mac 両対応で YouTube に簡単に動画を投稿できる機能がついています。実は、このアプリケーションはオリンパスユーザーでなくても 1,050 円で購入できますから、手頃な画像管理アプリケーションが欲しいと思っている人は検討してみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント: