2008年3月4日

Cash instead of Edy

Edy が、コンビニでの収納代行を中止すると発表しました。しばらく前からそういう話は聞いていたのですが、正式発表になったので記事にします。

この背景にシステム的な問題があるのか、それとも手数料の面で問題があるのか、あるいは不正が横行したのか私は知りませんが。ユーザーとしては、不便なことです。

電子マネーとしてはいち早く全国に広まって、普及のリーダー的役割を果たしてきた Edy ですが、他の電子マネーの普及によって少しずつ魅力が薄れてきています。私は収納代行は利用していませんが、今後利用する場合に使えないとなると、 Edy に対する利用意欲が下がってきます。

私個人としては財布の中の小銭が邪魔にならなければそれでいいのです。電子マネーでも、クレジットカードでも。そういう意味では、使えない店がある、使える店でも使えない場合があるというのは、できればなくしてほしいのです。

2 件のコメント:

yamaq さんのコメント...

残念ですが、そろそろEdyは潮時かもしれません。携帯電話で使っていましたが、Suicaと比較すると洗練されていない点が多くて、改善を期待していました。

一番の不満点は、携帯電話の機種変更時に数日使えなくなる点でした。イマドキの仕様とは言いがたく、こんなことをしていると、どこかのカード会社に統合される日も近いでしょうね。

Hit さんのコメント...

yamaq さん

機種変更時に不便なので私は携帯電話の電子マネーには否定的です。せめて SIM カードに情報を記憶させて SIM を差し替えるとそのまま使えるようにしてもらいたいところです。

Suica の最大の欠点は、関東地方でしか流通していないということですね。乗車券としてみても、エリアをまたぐと使えなくなる仕様は非常に洗練されていないシステムです。

このところ iD の勢いがいいみたいですね。ポストペイなのでクレジットカードとの違いがわかりにくいのが難点ですが。