2008年2月5日

Which is the best web news?

新聞三紙のニュースが比較できる新sというサイトが登場して話題になっていますが、私はどうも好きになれません。

理由は、新聞のようだから。新聞紙のようなマルチカラムのレイアウトは、広げて全体を一覧できる新聞紙だから見やすいのであって、スクロールを伴うブラウザでの閲覧には向きません。しかも、ニュース全文が掲載されているわけではなくて、一部が掲載されていて残りはリンクになっています。

とはいえ、一部でも掲載されているのはいい方なのでしょう。日本国内の新聞サイトは、トップ記事だけを大きく表示して、残りはリンクだけという構成が多いようです。一覧性という点では紙面に大きく劣っているといっていいでしょう。

そんな中で、見やすいニュースサイトは BBC Newsシンプル版です。携帯版ではないので普通のブラウザでも見やすく、携帯端末などで見ても見やすいものになっています。シングルカラムで上から下への視線移動だけでタイトルと概要を読み進んでいけるのはかなり構成としては使いやすくなっています。

携帯版といえば、日本の NHK の携帯ニュースもシンプルで使いやすいものです。こちらは概要なしのタイトル一覧ですが、ちょっとした空き時間に携帯電話からニュースをざっと見るには最適です。また、朝日新聞の i.asahi.com もシンプルで見やすいのですが、推奨ブラウザが Opera / Safari となっていて、普通の携帯電話からは見ることができません。しかし逆に PC からはシンプルなニュースサイトとして見るにはよくできています。

携帯版でないフルグラフィック版で見やすいのは Times Online です。一見他の新聞サイト同様のマルチカラムのように見えますが、メインカラムは一つだけで、あとはサイドカラムになっていますから、主要記事は上から下へと読み進んでいくことができます。フランスの Le Monde も同様の構成ですね。

シングルカラムで上から下へとスクロールするだけで読み進んでいけるのが実は見やすいのですが、見栄えの問題等もあるので、ブログのようなメインカラムとサイドカラムで構成された 2 カラムか 3 カラムくらいの構成が見栄えと使い勝手のバランスがとれている構成といえるでしょう。

ブログのような、といえば AOL News は Permalink やコメント欄もあってブログに近い構成です。

今回紹介したニュースサイトは英文ニュースが多いのですが、英文ニュースにチャレンジしたいけれども大量の英文を読みこなすのは難しい、という人におすすめなのが Ananova です。ニュースの量が少なく、いわゆるおもしろニュースも多いので英文ニュース入門には最適です。もちろんメインカラム + サイドメニューの見やすい構成です。

こういったニュースサイトを読んでいて、気になったニュース、あとで読み返すニュースなどは、 Google Shared Stuff へのクリップをはじめました。以前は Tumblr に投稿したりしていたのですが、 Tumblr のごった煮的性格が私の好みとは合わなくなってきたので、シンプルかつデザインのいい Shared Stuff を使うようになりました。

0 件のコメント: