2008年2月14日

Sigma DP1 released before long

発表から発売まで長らく待たされていたシグマ DP1 が、いよいよ発売されるようです。

DP1 の特徴としてはなんといっても同社の一眼レフと同じイメージセンサを搭載しているという点です。銀塩カメラ時代には一眼レフもコンパクトカメラも同じフィルムを使うことができたのですが、デジタルカメラになってから一眼レフとコンパクトカメラでは撮像素子のサイズが大きく違うようになり、それは出来上がりの写真のクオリティにもずいぶん影響してくるようになりました。

かつての銀塩カメラ時代末期の高級コンパクトカメラ同様、 DP1 も一部のマニアを対象とした高級コンパクトカメラですが、かつてのニコンやコンタックス、あるいはミノルタの高級コンパクトのようにチタン外装とかではなく、外観はそれほど高級感はありません。しかしその中身は、かつては当たり前だった一眼レフと同じ撮像素子を使えるという点を復活させています。

しかしコンパクトカメラとしては破格、というより一眼レフの入門機よりも高価なカメラなのですから、もう少し外装に高級感があっても良かったのではないかと思います。また、ハイエンドユーザーを対象とするカメラなので、マニュアル操作のしやすさがもう少し欲しかったところです。私としては、フォーカスリング、独立した絞りダイアルとシャッターダイアルが欲しかったところです。

0 件のコメント: