2008年2月14日

Micro credit Africa in partnership with Youssou N’Dour

アフリカでもっとも著名なミュージシャンの一人である Youssou N'Dour (ユッス・ンドゥール:公式サイトは音が出るので注意)が、祖国セネガルで Birima というマイクロクレジットを設立しました。マイクロクレジットでは当ブログでもたびたび取り上げている Kiva や、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行が有名ですが、 Birima ははじめてのアフリカ人による、アフリカ人のためのマイクロクレジットです。

Birima のサイトでは概要については英語を含む五カ国語での案内があるのですが、詳細な情報はフランス語だけです。従って、少し誤解があるかも知れませんが、 Birima はセネガルだけを対象としているようです。もちろん、 Youssou N'dour 一人でアフリカ全体を対象としたマイクロファンドを運用するのは無理があるでしょうし、最初はセネガルだけというのもいいでしょう。 Birima に関してはベネトンが協賛しているようで、ベネトンとしては今後同様のマイクロファンドをアフリカに広げていきたい意向のようです。

Youssou N'Dour の言うように、アフリカに必要なのは寄付ではなくて融資です。もちろん欧米諸国が無限に寄付し続けるなら寄付でもいいのですが、経済活動を活性化していくためには寄付ではなく融資が必要です。返済の必要がない寄付はいくらあっても資本主義経済の発展にはなりません。アフリカでは絶大な人気と影響力を持つ Youssou N'Dour ですから、これからこういった活動がアフリカで活性化していくのかも知れません。

0 件のコメント: