2008年2月22日

The behavior of email posting to twitxr

Twitxr では、 Twitter にはないメールでの投稿機能が標準装備されていて、さらにその投稿を Twitter に転載することもできるので、メールでの投稿にうまく使えないかいろいろ試してみました。

日本語は文字化け(修正済)

まずは日本語対応まわりから。一般的な ISO2022-JP でエンコードされた日本語メールは文字化けします。日本語メールの文字化け問題に関してはかなり難しいので最初から期待はしていなかったのですが、 Twitxr で日本語メールで投稿できないと書いたら、現在対応中という返答をもらいました。そのうち日本語も使えるようになることでしょう。期待して待ちましょう。

2008-02-23 追記: すでに携帯メールからでも日本語が送信できるようになっています。仕事が早いですね。

メールでも 140 文字

そもそも Twitter の 140 文字という制限は、 Twitter にメッセージを送信する SMS の文字制限でもあります。メールの場合にはそういった文字制限がないわけですから、 Twitxr ではそのような文字制限はあまり意味がないような気もします。ただ Twitxr では Twitter への転載を前提にしているようなので、そういう意味では Twitter の 140 文字に引きずられているのでしょう。

実際に 140 文字を超える文をメールで送信してみると、 140 文字を超えた部分については切り捨てられました。投稿時に文字数を気にする必要がありますね。入力した文字数をカウントする機能を持ったメールクライアントが便利です。

Twitter へ転載

Twitxr では、設定によって投稿した内容を Twitter に転載することができます。転載するよう設定した場合には、オリジナルの投稿の後ろに "- at http://twitxr.com/okano/upd..." という文字が追加され、ここに Twitxr の個別エントリへのリンクがつけられます。

Twitxr 側で140 文字に近いエントリの場合、後ろに追加される文字を含めると Twitter 側で 140 文字を超えてしまうこともあります。Twitter ではタイムライン上では 140 文字を超えた部分については表示されず、リンクも破損してしまいますが、個別エントリのページでは 140 文字を超えた部分も表示され、リンクも正しい状態になります。

実は、 Twitter では web インターフェイスや SMS での投稿の場合は 140 文字を超えることはできませんが、 API 経由だと 140 文字を超えた投稿が許されています。ドキュメントによるとなるべく 140 文字以内、超えても 160 文字までとなっていますが、私の投稿には最高 175 文字のものがあります。

写真も転載

Twitxr には、 Flickr に写真を転載する機能も追加されました。 Twitxr に投稿したエントリに写真が含まれている場合、エントリ本文が写真のタイトルとなって Flickr に写真を投稿することができます。この機能を使った場合、写真の description 欄にはタイトルと同じエントリ本文の他、 Twitxr へのリンクと位置情報が書き込まれます。

Twitxr から Flickr への投稿は、 Flickr でのプライバシー初期設定が適用されます。 Flickr で直接メールで写真を投稿した場合と同じ公開範囲になり、変更するには Flickr での設定変更が必要です。

お買い得パック

Twitxr はいろいろと可能性を感じます。 Twitter に写真を投稿できたら、とか、場所を投稿できたら、とかのアイデアはすでにあって、 いろいろな人がAPI 経由でそれを実現するアプリケーションを作っていますが、 Twitxr はそれをすべてひとまとめにしたお買い得パックといえるでしょう。

0 件のコメント: