2008年1月14日

Zoom or Not

オリンパス E-410 用に新しいレンズが欲しいのですが、いいのがありません。

本当は明るい単焦点レンズが欲しいのです。ところが、あるのは明るいズームレンズか暗い単焦点レンズなのです。

明るいズームレンズというのは 12-60mm F2.8-4.0 SWD です。本当はさらに明るい 14-35mm F2.0 SWD の方がいいのですが、さすがに値段も高いし巨大なので対象から外しています。私がズームではなく単焦点を好む理由の一つである小型軽量という点が大いに損なわれるからです。

暗い単焦点レンズというのは 35mm F3.5 Macro です。オリンパスの単焦点マクロととしては 50mm F2.0 Macro もあるのですが、フォーサーズに 50mm というのは常用レンズとしてはちょっと長すぎます。

私は常用レンズとしては 35mm 版換算で 35mm から 70mm くらいまでが使いやすいのですが、フォーサーズだと 17.5mm から 35mm になります。しかし 18mm や 25mm くらいの焦点距離だと、画角としては常用レンズの範疇に入るものの、その描写はやはり広角レンズの中央部を切り取ったものになってしまいます。そうなるとフォーサーズでは 35mm しか選択肢はないわけです。

ところが、オリンパスの 35mm F3.5 Macro は小型軽量という点では大いに評価できるのですが、ズームレンズ並みの暗さなので、特に超近接撮影の必要性がないのにこのレンズを購入する意味があるのか、ということになるといささか疑問です。それよりは 12-60mm F2.8-4.0 SWD の方が高性能で多機能です。値段を考えると当然なのですが、問題は大きく重いということです。

ただそうはいっても標準添付のズームレンズがかなり小型軽量で常用レンズとしては優秀ですから、それに加えて、ということになるとさらに高性能なズームレンズの方がいいのでしょう。特にオリンパスはズームレンズに熱心で、銀塩最終期はズームレンズがあればレンズ交換不要とばかりにレンズ交換のできない一眼レフを製造していたくらいですから。

0 件のコメント: