2008年1月28日

Goodbye EG

すでに Mac ユーザーの間では話題になっていますが、エルゴソフトが本日 1 月 28 日限りで egword と egbridge の販売を終了し、パッケージソフト事業を終了すると発表しました。

エルゴソフトといえば Macintosh 初期の頃から日本語ワードプロセッサ EGWord と、古くからの Mac ユーザーなら必ずお世話になっている日本語入力環境 EGBridge で有名です。私は WX2 の台頭までは MS-DOS 環境ですら EGBridge を使っていただけに感慨深いものがあります。

とはいえ、私もすでに OS 標準搭載の日本語入力環境以外は使わなくなっていますから、しかたがないことなのでしょう。 ATOK や Wnn のように携帯電話などの組み込み向けの需要を開拓しておけば egbridge は残っていけたのかも知れません。

24 年間、ありがとうございました。

2 件のコメント:

101 さんのコメント...

知りませんでした。私も一時期egword や egbridgeを愛用していました。時代の流れなんでしょうか。パッケージ型アプリケーションが主流の時代が終わりを迎えてるんでしょうか。いろいろと考えさせられました。

Hit さんのコメント...

日本語入力環境に関しては、ことえりでそれなりに実用になるようになったことが主な理由なのでしょうね。 Windows でも MSIME のおかげで VJE や WX が衰退して、 ATOK ですら携帯端末の組み込み用途に活路を求めています。

それ以前にコンピュータは買ってきてそのまま使う人が増えたというのも大きいのではないのでしょうか。プリインストールのアプリケーションだけで一通りのことができれば、新たにアプリケーションを買い増しすることがなくなります。

私も以前の iMac ではいろいろとアプリケーションを購入しましたが、今の MacBook では追加アプリケーションを購入していません。ブラウザとエディタがあれば何とかなるというのが現状ですからね。時代なんでしょうね。