2008年1月5日

Facebook Knows All About You

正月休み中のブログ界の大事件といえば Robert Scoble の facebook 追放事件でしょう。(参考1参考2

簡単にいうと、著名ブロガーの Robert Scoble が、自動スクリプトを動かしたということで facebook のアカウントを停止され、データのオープンを求めるブロガーとデータを渡そうとしない facebook が一触即発の関係になったということです。しかしすぐに Scoble のアカウントは復活され、 Scoble 自身もそのようなスクリプトを使わないということで決着したようです。

今回の事件では、 facebook のデータは誰のものか、とかデータを明け渡すべきかどうかなどで議論されているようですが、私が気にしているのは facebook はどこまで知っているかということです。

Scoble のアカウントでアクセス率が異常に上昇したことは事実でしょうが、それをどこまで監視しているかが問題です。実は、私もほぼ一年前、 facebook から警告を受けたことがあります。(参考3

このときは Scoble 事件のような大規模なトラフィックの増大があったわけではありません。 1 日 1 件か 2 件のブログエントリが 2 倍程度に増えていただけです。トラフィックからすればさして問題視するほどのことはありません。問題があるとすれば、多重投稿です。

しかし facebook はそれほど活発に活動していないユーザーの多重投稿まで細かく監視しているのでしょうか。少なくとも私の例を考えると、かなり細かく監視していると考えていいでしょう。Gmail の文脈解析はプライバシー擁護派にとって大きな問題ですが、 facebook はそれ以上の問題だと考えていいでしょう。

0 件のコメント: