2007年12月3日

Yahoo Japan Strengthen Spam Blocking

ヤフージャパンの web メールで迷惑メール対策が強化されました。

主な対策はふたつ。一つはなりすましメール拒否、そしてもう一つはセーフティアドレスの強化です。


なりすましメール拒否

一つ目の対策のなりすましメール拒否機能は今回新たに追加された機能です。なりすましメールを拒否するように設定すると、 From: 欄を偽装しているメールを受信拒否することができます。このようなメールの多くは迷惑メールですから、迷惑メール対策には有効です。

ただし、転送メールなど自分のメールサーバーを持たないメールアドレスを他のアカウントから送信した場合は迷惑メールでなくてもなりすましメールとして処理されてしまうことがあります。このための救済リストも用意されていますが、そのようなメールアドレスを使っている人は注意が必要です。

私も現在のメールアドレスは自分のメールサーバーを持たず転送機能だけで使っていますが、 Gmail とヤフーメールから送信してみたところ、どちらも DomainKeys で送信者が確認できるためなりすましメールとはなりませんでした。


セーフティアドレス

セーフティアドレスはいうなれば使い捨てメールアドレスです。無料メールマガジン等に登録すると、そこから個人情報が漏洩して迷惑メールが送られてくるケースがあります。そのような場合に、メインのメールアドレスとは別に持てるセーフティアドレスを使って登録すれば、迷惑メールが多くなったらセーフティアドレスを捨てて、新しいセーフティアドレスを使えばいいのです。

このセーフティアドレスは以前からヤフー BB ユーザーやセキュリティパック利用者には提供されていましたが、今回から無料ユーザーにも提供されます。

このセーフティアドレスは無料ユーザーは最大 10 個、ヤフー BB ユーザーやセキュリティパック利用者は最大 30 個作成できますから、用途に応じて複数のセーフティアドレスを用意しておけばどこから個人情報が漏洩しているか突き止めることもできます。


迷惑メール対策は各社とも力を入れている分野で、その効果も現れているようです。少なくともヤフーメールや Hotmail では以前のように迷惑メールが山ほどやってくるということはなくなりました。しかし Gmail は迷惑メールが多いですね。

0 件のコメント: