2007年9月14日

Softbank Won't Take Countermeasures Against Docomo

他社の料金プランに対して 24 時間以内に対抗策を打ち出してくると公約していたソフトバンクモバイルが、今回の NTT ドコモの PC 向けパケット定額プランに関しては何もしないことが明らかになりました。

ソフトバンクのいい分によると、対抗策を打ち出すのは音声端末向けの一般的な料金プランのみということですが、実際のところ、今回のドコモのプランに 24 時間で対抗するのは不可能です。

まず第一に、プロバイダとセットで契約するようになっている点。ソフトバンクも時間さえかければ同様のプランは用意できるでしょうが、 24 時間以内に対抗策を打ち出すことを前提としていない部分にまで手を入れないといけないので短時間では無理でしょう。

そしてもう一つ、専用アプリケーションを使用するということ。ドコモの新定額プランでは、専用アプリケーションを使ってトラフィックの多い接続を制限しています。 まだ登場していないアプリケーションと同一の挙動をするものを 24 時間以内で作るのは不可能です。

こういった理由で、ソフトバンクは今回の料金プランに対抗「しない」のではなく「できない」のだと考えます。もっとも、今回のドコモの定額プランはあまりにも魅力のないものですから、対抗してくれなくても困りません。ソフトバンクも対抗する価値なしと思ったのかもしれません。これがものすごく魅力的なプランだったりしたら、ソフトバンク公約違反と叩かれていたでしょう。

0 件のコメント: