2007年8月19日

One-click Slideshow

時々作成しているスライドショウムービーですが、これが実は iPhoto ユーザーなら簡単に作成できるのです。

iPhoto を起動して、スライドショウにしたい写真を複数選択したら、ウィンドウ下部のスライドショウアイコンをクリックするだけ。これでスライドショウの出来上がりです。



私はその後スライドショウに使用する曲を選択して、設定メニューでスライドショウの長さを曲に合わせるようにしています。スライドショウに使用する曲は iTunes のライブラリにある曲ならどれでも利用できます。また、 GarageBand で作成した曲も保存時にプレビューをレンダリングしてあれば利用できます。

家庭内で個人的に楽しむスライドショウならば、市販の楽曲をそのまま使っても問題ありませんが、公開するスライドショウであれば権利者に許可を得たり、場合によっては利用料を支払う必要があります。

私が使っている BGM は GarageBand のループをつなぎ合わせて作ったオリジナル曲です。作曲というほどの手間がかかっているものではありませんが、 GarageBand に付属しているループをつなぎ合わせて作った曲は商用利用も可能なので安心して公開できます。

家庭内で楽しむ場合は iPhoto からそのままスライドショウを再生できますが、公開する場合は「ファイル」メニューの「書き出し...」を選択すると QuickTime ムービーとして出力できます。 YouTube などにアップロードする場合には、動画サイズを 320x240 にするときれいに再生できます。

今回は今までの Vimeo ではなく Revver にアップロードしたところ、 Revver から曲の著作権に関する問い合わせのメールが来ました。 Revver では人力で全ての動画を検証しているのでいかにも市販曲っぽいものの場合は問題になることがあります。もちろん私の場合はオリジナル曲で、権利関係もクリアなのでアップルの GarageBand に関するページのリンクを添えてサポートにメールしたところ無事公開されました。

0 件のコメント: