2007年6月30日

Mayor Is Waiting In Line To Get An iPhone

日本では関係ない話ですが、米国では iPhone 発売ということで行列ができているようです。 Engadget によると、フィラデルフィア市長も行列に並んでいるそうです。

市長ともあろう人が仕事をほったらかしてそんなことをやっていていいのか?という意見に対して、スマートフォンがあればどこでも仕事ができる。こうして並んでいるうちにも仕事をしていると答えているそうです。確かに、人を動かす仕事、判断と決断が主な仕事の人は今や電話さえあればどこでも仕事ができます。

今回は Apple Store が「お金を受け取ることができないスペシャルな方」 (Woz) も並んでいるようですし、 iPhone に関してはありとあらゆる人が並んでいるようです。

Mac ユーザーとしては非常に気になる存在であり、ある意味欲しいと思いますが、携帯電話としてみたときには私にはそれほど魅力がありません。今使っている端末が Samsung の V708 という java すら使えないエントリークラスのストレート型端末というところから iPhone は私の携帯電話の好みからは外れています。でも日本に入ってくるとなれば、気になりますね。

日本に入ってくるとなれば、近いうちに発表されるであろうヨーロッパ版の 3G 対応型の日本語版で、キャリアはドコモかソフトバンクになりそうですね。今までの構図であれば、保守的なドコモと攻めのソフトバンクではソフトバンクの方が可能性が高かったのですが、このところ順調にユーザーを獲得しているソフトバンクと追いつめられたドコモとでは、もしかするとドコモの方が可能性が高いかもしれません。

ソフトバンクは順調なのでそれ以上のリスクをとる必要性があまりないし、何よりも孫社長と Jobs CEO という癖の強い二人の話し合いがうまくいくかどうかが一番のネックのような気がします。

0 件のコメント: