2007年6月12日

Apple Released Safari 3

Apple が Safari 3 beta をリリースしました。 Mac 用だけでなく Windows 用もあります。

これで、 web アプリケーション開発者は(市場で大きなシェアを占める) Windows に対応していないという理由で Safari 非対応のままですませることはできなくなりました。 Safari 3 では従来利用できなかった web アプリケーションも利用できるようになっているようですから、開発者の対応も楽になっていると思われます。

私自身、 Firefox でないとアクセスできないサイトがあるために Firefox を使ったり、新しいバージョンが出るたびに Camino や Opera を使ってみたりしますが、結局は Safari に戻ってしまいます。それだけ使用感が良いということです。

Apple の宣伝文句である何倍高速というのはあくまでも宣伝文句として、待たされ感が少ないというのは使用感としては大きいところです。私の環境では Safari はストレスなく利用でき、 Firefox はそれに近いスピード。そして Camino や Opera は待たされ感が非常に強いという状態です。

まだベータということで完全移行するには早いのですが、 Windows 版 Firefox ユーザーは一度 Safari を試してみるべきです。

0 件のコメント: