2007年4月2日

Making A Short URL

長い URL を短縮するサービスとしては TinyURL が有名ですが、 Gigazine で紹介されていた urlTea もなかなか便利です。

サイトにアクセスして、変換したい URL を入力すれば、その場ですぐに短縮 URL を生成してくれます。登録は不要です。

また、専用 bookmarklet も用意されていますから、ブラウザ上でいつでも短縮 URL を生成できます。

さらに、 GoogleTalk や Jabber で teabot@urltea.com に URL を送ると、短縮 URL が返ってきます。

その他にも、本来生成された URL の後ろに ? をつけると、その後に好きな文字を追加できるという機能もあります。例えば、 http://www.okanomail.com/ の短縮 URL は http://urltea.com/394 ですが、 http://urltea.com/394?my-blog でもアクセスできます。

短縮 URL だとどのようなサイトなのか訪問先がわからないため、クリックするには不安が伴うのですが、こうやって説明を付けられると少しはわかりやすくなります。特に、きわどい内容のサイトへのリンクの場合に ?PG-13 とか ?NC-17 (?R-18) とか付加しておくと親切ですね。いやそのような場合は必ずつけましょう。

長いアドレスを短縮する無料ネットサービスいろいろ - GIGAZINE http://urltea.com/36h?Gigazine
urlTea.com

2 件のコメント:

kaori さんのコメント...

urlTea便利ですね。Adiumから使ってみました。便利なサービス使いたいなと思って検索するとだいたいokanomailにたどり着きます。

Hit さんのコメント...

Kaori さん、それだけたくさん書いているということですね。