2007年3月28日

Tumblr Is Multi Functional Weblog

メディア・パブさんで Twitter のライバルとして紹介されていた Tumblr を試してみました。

実際には、 Twitter とは違って、コメント / トラックバックがない以外はフル機能のブログです。普通のブログよりもさらに多機能といってもいいでしょう。かわりに、 Twitter にあるような友人リンク機能はありません。

Regular Post

Tumblr では通常のブログ記事のことを "Regular Post" と呼んでいます。コメントやトラックバックがなく、タイトルは必須ではないなど、かつての Blogger のようですが、リッチテキストエディタを装備しているあたりは今時のサービスです。

Photo

Tumblr では写真を投稿することができます。写真をアップロードすることもできますし、 web 上の写真の URL を入力することもできます。

Quote

Tumblr では引用を投稿できます。普通のブログでは写真も引用も通常の記事の中に織り込まれているものですが、 Tumblr ではそれぞれが個別のエントリになって細切れに投稿するスタイルを想定しているようです。

Link

Tumblr ではリンクも投稿できます。ソーシャルブックマーク機能も兼ねているようですが、リンクには説明はつかず、単に URL だけか、リンクタイトルがつく程度です。

Conversation

これは Tumblr 独自の機能といっていいでしょう。投稿画面の例に従って会話を入力すると、それらしいフォーマットで投稿されます。

Video

YouTube と Google Video の動画であれば、 URL を入力するだけで動画を投稿できます。それ以外のサービスでは、ブログに埋め込むための embed タグを入力することで動画を埋め込むことができます。

普通のブログでも、記事を書くときに工夫することで上記のような投稿はすべてできるのですが、 Tumblr では何も工夫しなくてもできるようになっています。タイトルはなくてもいいというのは短いエントリをたくさん投稿することを前提としているからなのでしょう。

Import Feeds

Tumblr では他のサイトの RSS / Atom フィードを取り込むことができます。他のブログの記事を取り込むなら "Regular Posts" で取り込むといいのですが、 "Regulra Posts without titles" にするとタイトルを取り去ってくれるのでより Tumblr らしくなります。

Flikcr などの写真は "Photos" で取り込みます。こうすると、 Tumblr で写真を投稿したのと同じように表示されます。

ソーシャルブックマークのエントリは "Links" で取り込みます。これではリンクだけになるので、説明文も取り込みたい場合は "Links with descriptons" で取り込みます。

YouTube の動画は "YouTube Videos" で取り込みます。他の動画サイトはサポートしていなくて、 YouTube だけがサポートの対象となっているのがちょっと残念です。

Mobile Uploads

携帯電話で撮影した写真をメールに貼付して指定されたメールアドレスに送信すると、写真を投稿できます。写真なしの文章だけのメールを送信しても投稿できません。

実際に使ってみると、 Twitter とは全く違うものです。決して競合するものではありません。 Twitter の存在を脅かすとすれば、写真版 Twitter とでもいうべき Radar の方でしょう。

Tumblr では、短いエントリを次々投稿できる点だけが Twitter に似ているわけですが、従来のブログのように気負わずにちょこちょこと一言エントリを書けるという点では気軽に使えます。

また、サイトフィードをたくさん取り込んで一つのブログとして表示できる SuprGlu のような使い方もできます。 SuprGlu よりも優れているのは、取り込んだサイトフィードを編集できる点と、取り込んだものではないオリジナルのエントリも付け加えることができる点です。

ブログとしては多機能な部類に入るのですが、今までのブログとは明らかに性格が違います。今までのブログにはなじまない、一言エントリの量産や、携帯電話で撮影したちょっとしたスナップや動画をどんどん投稿していくのに向いています。

メディア・パブ: Twitter騒動の余震,YouTube並のヒットサービスとの声も
Tumblr
Radar

0 件のコメント: