2007年1月1日

Webmail in Japanese

ウェブメールといえば今ではすっかり Gmail が主流になってきました。 Gmail の登場によってウェブメールが変わったといってもいいでしょう。

とはいっても、先行他社も黙ってみているわけではありません。各社とも大容量ストレージを用意して、デスクトップアプリケーションに近い操作感を実現するために ajax を採用してきました。

ただ日本では、日本語という特殊事情があるために、日本語に対応した一部サービスしか使えない状況が続いていましたが、いつの間にか各社とも日本語に対応しています。

以前から日本語に対応していた Hotmail は Windows Live Mail になっても文字化けすることなく日本語が使えます。名前に Windows が入っていますが、実は Mac でも Firefox を使うことで Windwos ユーザーと同様の機能を使うことができるようになりました。

AIM mail でもいつの間にか設定で文字コードに日本語 ISO-2022-JP が使えるようになっていました。タイトルもきちんと ISO-2022-JP になっていますから、問題なく日本語の送受信ができるようになっています。

日本にはヤフージャパンがあるので日本語対応に関してはまったく考慮されていなかった米 Yahoo も、今では ISO-2022-JP での送受信が可能になっています。

メールはメッセンジャーと違いどのサービスを使っていても相互に送受信できるので、誰が何を使っていようと気にすることなく自分の好きなサービスを使えるのがいいですね。

0 件のコメント: