2006年12月14日

niwango

ニワンゴというサービスがあります。携帯電話からメールを送信すると、検索結果が帰ってくる、 Goolge のメール検索に似たサービスです。違うのは、天気予報やニュースなどが検索結果ではなく情報が送られてくるということ。 Google にも同様の機能はありますが、日本の天気予報には対応していません。外出先で、手軽に天気予報を見るには便利なサービスです。

ところが、重大な問題点があります。それは、返答メールの他に、ちょっと遅れて広告メールがやってくることがあるということ。つまり、空き時間に天気予報を調べて、その後会議中や商談中に広告メールを受信してしまう可能性があるということです。

それだけならまだしも、こちらから何らアクションを起こしていないのに、勝手に広告メールを送ってくることもありました。 PC メールなら自分の都合のよいときにしか見ないので広告メールがあったとしても無料サービスの代償として許容できますが、携帯メールの場合には受信者の都合にはおかまいなく、勝手に受信してしまうので問題です。そういうことが何度かあって、すっかり利用するのをやめていました。

ところが先日、当分利用していないにも関わらず、深夜に勝手にメールを送ってきました。頻繁に利用しているユーザーならともかく、既に利用していないユーザーに、しかも今まで一度も利用したことのないような時間帯に勝手にメールを送ってくるとなれば、それは迷惑メールに他なりません。

ちなみに、ニワンゴのサイトには利用規約というものは存在しません。元々ユーザー登録はしていないので、退会するというのも変です。同サイトによると、利用停止のメールを送信することで利用停止手続きを開始できるそうですが、迷惑メール送信元に利用停止のメールを送信してはいけないというのは鉄則です。

ということで、キャリア側で受信拒否設定をしました。

勝手に広告メールを送られてきてもかまわない、という人には便利なサービスですが、予期しない時間に広告メールを受け取りたくない人は、絶対にメールを送信してはいけません。

2 件のコメント:

@aka さんのコメント...

私もニワンゴを使っています。というか、使っていました。主に乗換案内を目的にしていたのですが、Mobile 版 Google Transit が出来てから、とんと使わなくなりました。それでも、数日に一度の割合で広告メールが送られてきます。使わないサービスの広告ほど邪魔なものはないですね。本当、困ってしまいます。

Hit さんのコメント...

広告だけのメールは鬱陶しいですよね。本来の要求したメールに広告をつけてくれた方がいいのに、と思います。