2006年7月26日

Rhodia No.11

Rhodia No.11 を買いました。 Rhodia は前から気になっていたのですが、黄色のカバーが目立ちすぎて手を出しづらかったのです。しかしこれは黒のシックなビニールカバーがついているので、あまり目立たなくていいですね。

メモには Moleskine Reporter を使っていて、これはこれで気に入っているのですが、満員電車の中などでちょっとメモ、というときにはいささか大きすぎます。硬い表紙は立ったままの筆記にも便利なのですが、両面が硬いとそれも余分なスペースを取ります。

その点、 Rhodia は裏表紙だけが硬いので、さっと取り出してちょっとメモ、という用途にはより向いています。 Rhodia は Moleskine より裏移りしにくいのもいいですね。紫色の方眼はロイヤルブルーのインクが似合います。でも私は何者にも縛られたくないので、単なる白紙の Moleskine Plain の方がお気に入りです。

どちらも人気の手帳ですが、それぞれに特色があり、用途に合わせて使い分けるのがいいですね。私の場合は、あまり保存する気のないメモは Rhodia に、保存しておくものは Moleskine に問いう風に使い分けています。

2 件のコメント:

@aka さんのコメント...

RHODIA いいですよね。私は、RHODIA No.12 を愛用しています。
Hit さんの買ったカバーはいいですね。私も少しサイトを見てみましたが、No.12 用のカバーを売っておらず、ちょっと涙です。

Hit さんのコメント...

そうなんですよ。 No.11 は少し小さいかなとも思ったのですが、あのカバーは No.11 にしかないのです。大きいのは Moleskine を持っているので、かえってこの小さいサイズでちょっとだけ書けるというのは意外と便利です。