2006年4月11日

The way Boot Camp goes to.

アップルが Boot Camp を発表して、 Mac がデュアルブートになるといって多くの人が歓迎しているようですが、私はちょっと疑問を持っています。

まず第一に、なぜ Mac で Windows を起動しなければならないのか。

そもそも、 Windows にしか対応していないサービスやアプリケーションのほうに問題があるわけです。それをユーザーが対応するというのは本末転倒、さらにメーカーまでそのためのドライバを作るなんて、どう考えているのか?ということです。

そして、今まで Windows しか使ったことのなかった人に両方使える新しい Mac を使ってもらって、 Mac の良さを知ってもらおう、というのならいいのですが、今まで Mac しか使ったことのない人に両方使える新しい Mac を使ってもらって、 Windows に移行してもらってそのうち MacOS をやめよう、ということにならなければいいが、と思っています。

実際のところ、今やウェブブラウザとオンラインサービスがあれば、ほとんどのことができます。私も複数の端末を使い分けるにあたって、なるべくオンライン環境にしてどの端末からも同じことができるようにしています。それが Mac であれ、 Windows であれ。

もうひとつは、再起動が必要なのはいかがなものか。

Mac OSX とそれ以前の Classic 環境のように、再起動なしでシームレスに使えるのであれば、 Classic 環境にしか対応していないアプリケーションを使う場合にもそれを意識することなく便利に使えます。しかし、デュアルブートということは再起動が必要ということです。 Mac で作業していて、 Windows でしか扱えないファイルがあった場合、ちょっと見るだけでもいちいち再起動、というのは面倒です。 Classic 環境のようにシームレスに使えないと、ちょっと便利とはいいがたいですね。

アップルの側から見ると、 Windows が起動できるというのは、 iPod を持っている Windows ユーザーにちょっと小洒落た Windows PC として売ることができるということなので、ビジネス的にはプラスでしょう。後は、そういった人たちに、 Windows から Mac に移行してもらうことができるかどうかでしょうね。逆に既存の Mac ユーザーが Windows に移行してしまわないよう魅力的な MacOS を作り続けてほしいものです。

0 件のコメント: