2006年1月8日

Concerning trackback from another angle.

絵文録ことのはさんで、トラックバックに関する興味深い記述が見られます。

トラックバックに関する考え方を大きく四つに分けて、それぞれを言及リンク文化圏、関連仲間文化圏、ごあいさつ文化圏、 spam 文化圏と名付けています。

感情論から分類したこの4つの分類は、私も大いに同意するところですが、私は少し別の角度からトラックバックについて考えてみることにしましょう。

まず第一に私の立場ですが、上記四つのうちでは、言及リンク文化圏に属しているといえるでしょう。さらにいうならばもっと過激なトラックバック不要文化圏といってもいいですね。言及リンクがあればサーチエンジンが勝手に探してきてくれるのだから、ことさらにトラックバックなど送信しなくても充分という考え方です。相手がサーチエンジンを使いこなしてリンクを探し出す能力がなければ、トラックバックを送信してあげなければ不親切かな、とも思いますが、そのあたりは割り切って現在ではこのブログはトラックバックなしです。

そうして、これは単なる感情論ではなくて、技術的な背景があります。

まず第一に、私がバンド幅に制限のあるレンタルサーバーを借りてブログを運営しているということ。ですから、無用なトラックバックにトラフィックを消費されたくないということですね。トラックバックはトラフィックだけでなくサーバーのマシンパワーも消費します。

実際のところ、以前 Movable Type をインストールして使っていた頃には、コメントスパムやトラックバックスパムで動作が重くなっていたものです。頻繁にスパムを削除して再構築すると、さらにサーバーに負荷をかけることになります。そういったこともあって、 Blogger に移行したのです。

余談ですが、 Blogger は後ろ盾に Google がついていることもあり、 Movable Type で作成したサイトに比べてスパムの効果が出にくくなっています。もちろん Movable Type でもきちんと対策をすれば問題ないのですが、対策はそれぞれのユーザーに委ねられていますから、サイトオーナーのスキルによって大きく差が出ます。

そしてもうひとつは、バンド幅が限られていた頃からのインターネットユーザーだということです。昔はメールに画像を添付したりなどすると、限られたバンド幅を無駄にするなと怒られていたものです。

サイトのトップページに画像を置くなどもってのほか、画像は別のページにおいて、リンクにも画像ファイルの容量などを明記してサイト作成者も、閲覧者も無駄なトラフィックを生じさせないよう気を使っていた頃の名残から、今でも大きな写真を直接張るのでなく、サムネイルをクリックして大きな写真を表示させるサイトの方が好みです。

web で活躍する技術者の多くは、かつてのバンド幅が貴重だった頃からのユーザーや、そういった先輩に厳しく指導されてきた人たちが多いため、言及リンク文化圏に属する人が多いような気がします。

逆にいうと、ごあいさつ文化圏の人たちや、関連仲間文化圏の人たちは、そういった苦労を知らない人が多いのでしょう。元記事にもあるように、ごあいさつ文化圏の人たちは初心者が多いように見受けられます。

そして、関連仲間文化圏の人たちは、厳しい先輩に指導されたりすることなく、仲間内だけで楽しんできた人たちなのでしょう。もしかすると、かつての苦労を忘れてしまった人もいるのかもしれません。

いずれにしても、自分とは文化的背景も、思想もまったく違う人たちがいるということを認識した上で、その人たちを理解し、自分の考えを理解してもらうことこそが、お互いに幸せになれる道であり、最も難しい道だというのは web も現実社会も変わりはありません。

補足になりますが、 SEO 的観点から見たときにも言及なしトラックバックは嫌われることになります。言及なしトラックバックを送信すると、送信した側は被リンクがひとつ増えたことになりますが、受信した側には何のメリットもありません。単に被リンクを増やすのが目的ならスパム行為ですし、本当にその記事を読んで参考になったと思うなら、ちゃんと文中にリンクを入れるのが礼儀というものでしょう。

0 件のコメント: