2005年12月18日

How to take better service

H&A さんが、お店でのサービスについて書かれています。

:: H & A :: blog: お客様は神様じゃない:
たまにお店なんかでイライラしたお客さんが「俺は客だぞ。客をなんだと思ってんだ?!」などといったりしてるのを見ることがあります。私はあれ結構嫌いです。
私もまったく同感です。

お金を払っているのだからサービスを受け取って当然だ、という態度ですね。確かにその通り。でも受け取る権利のあるのは、払ったお金の分だけです。例えば、 1 個 1,000 円の商品を買うために 1,000 円払えば、その商品を 1 個受け取る権利がありますが、 1,000 円払ったからといってその商品を 2 個も 3 個も持って帰るのは泥棒ですね。それと同じことです。

ただサービスは形がなく、量もわからないために曖昧なだけです。

実際のところ、本当に最良のサービスを受けようと思えば、相手に優良顧客と認めてもらうしかありません。口うるさい客にはみんな気を使いますが、決して優良顧客として認めたわけではありませんから、最良のサービスを受けられるわけではありません。

自分が気持ち良いサービスを受けたければ、相手に気持ち良く仕事をしてもらうことです。相手も人間ですからね。
長々といっぱい書いてきましたが、こんなことはどうでもよくって、ホントにいいたかったことは、お店でやたらと威張り散らしているお客さんは廻りをとても不愉快にさせるので、どうにかなって欲しいなぁってことなのです。
そんな客の多いお店は、利用しない方がいいですね。たまたまそういう変な客と居合わせてしまったら運が悪いとしか言いようがないのですが、いつもそうなら、客の質が悪く、そしてその店の質も悪いと考えていいでしょう。

口うるさくいわなければまともなサービスの提供できない店というのは確かに存在します。しかしそれは店のレベルが低いのであって、対価を支払う価値がないということです。たとえ質が悪くても、サービスを受け取ったなら、それに見合う料金を支払わなければいけませんから、商品と同様、粗悪品は買わないことです。

私の経験からすると、良い店には良い客が集まり、そうでない客の多い店は店のレベルも低いことが多いようです。要は、お互いに気持ち良くその場を共有できるかどうか、ということですね。

後はスパイラルなんですよ。お互いに気持ち良くその場を共有できる店は、店も客もレベルが上がっていくし、そうでなければ、どんどん気まずくなってお互いにレベルが下がっていくのです。お金を払おうと払うまいと、相手の立場になって考えていれば、自分もいやな思いをせずにすむというものです。

0 件のコメント: