2005年11月3日

Now we can use Google Personalised Home in Japanese

Google Personalized Home が、日本語に対応したようです。

私は現在 Google Personalized Home をブラウザのホームページに設定しているのですが、昨日あたりからメニュー表示が日本語にに変わっていました。

それにあわせて、天気予報も日本のものが選択できるようになったようです。天気予報の設定を見てみると、米国と日本以外にも、イタリア、インド、オーストラリア、オランダ、カナダ、スイス、スペイン、ドイツ、ブラジル、フランス、メキシコ、ロシア、 CIS 、バルト海諸国、英国、韓国も選択できるようです。

いずれもそれなりの都市が選択できるようですが、主要都市だけになるので、旅行者には便利だけれども、居住者にとっては自分の住んでいる町がなければ意味がない、といったところでしょう。特に日本の天気予報は選択肢が少なめです。

また、「コンテンツを追加」メニューも日本語化されていますが、肝心のコンテンツは英語のものが多いようです。しかし、 Google ニュースだけは日本語版が提供されています。

それよりも嬉しいのは、実は検索フィールドが日本語版になったということでしょう。 "ウェブ全体から検索" の他に、 "日本語のページを検索" も選択できるようになっています。アルファベットのキーワードで日本の情報を検索するときに威力を発揮してくれます。

Google は、Yahoo と違って米国のサービスをそのまま日本語化してくれるから嬉しいですね。

0 件のコメント: