2005年8月7日

I like curious aspect ratio

このところ、Flickrに通常と縦横比の違う写真を掲載することが多くなっています。

最初は正方形の写真でしたが、最近では、16:9のいわゆるハイビジョンサイズの写真も掲載しています。

正方形の写真を好むのは、花の写真が多いから。花のアップでは、正方形の方がより大写し感があっていいのです。

そもそも、レンズは円形なのですから、それを四角形に切り取るには、正方形が一番効率がいいことになります。もっとも、長方形のCCDから正方形部分を切り出して使っているのでは全然効率は良くないですね。

また、縮小してサムネイルアイコンとして加工するにも、正方形は都合のいい縦横比です。縦でも横でもない。どちらにも対応できる便利な形です。

ハイビジョンサイズは、このサイズが登場した当時に少し遊んでいました。でもなかなか普及しないですね。

とはいえ、元々2:3だった写真の縦横比も、デジカメの普及によってコンピュータの画面にあわせた3:4が主流になっていったように、コンピュータの画面が9:16になってくれば、このサイズも普及してくるのでしょう。

135フィルムが普及する前、120フィルムの時代には正方形の6x6フォーマットというのが主流でした。縦横比も、時代とともに変わっていくということです。

そういえば、最近すっかり銀塩写真はご無沙汰ですから、2:3の写真を撮影していないですね。また、気が向いたらデジカメの写真も2:3にトリミングしてみましょう。

0 件のコメント: