2005年7月19日

Bloglines database has been broken

Bloglinesにアクセスすると、登録してあったブログが全て消えていました。

Technoratiで検索すると、どうも多くの人で同じ現象が起きているようで、このことについて書いている人が何人もいます。

私はRojoにバックアップをとっていて、BloglinesがダウンしたときにはRojoで読めるようにしているのですが、Rojoはレスポンスが悪い上に、Bloglinesに比べて使い勝手がよくありません。その他にも、いくつかニュースリーダーを試してみたのですが、日本のリーダーはほとんどがAtomに対応していないため、使いものになりません。

しかたがないので、当面はRojoを使うことにします。

今回のトラブルで感じたのは、バックアップの重要性はもちろんのこと、OPMLの互換性の低さでした。

Bloglinesの出力したOPMLファイルは、Rojoではちゃんと読み込めるのですが、読み込めないリーダーも多くありました。Site feedもRSS0.92/1.0/2.0それにAtomと、いくつもの規格が乱立して互換性がありませんが、OPMLの場合は全てがOPMLといっているのに互換性がないので始末が悪いですね。

Bloglinesは依存度の高いサービスだけに、ダウンした時のダメージは大きいですね。YahooでもGoogleでもMSNでもいいから、もっと使い勝手が良くて信頼性の高いサービスを始めてくれると迷わず乗り換えるんですけどね。

0 件のコメント: