2005年5月15日

Gree has offered access analysis

グリーがあしあと機能を実装しました。

機能自体が実装されたのは、少し前のことでしたが、私自身がどの程度のものか分かってきたのは今日になってからです。

多くのSNSで実装されているあしあとと同様に、自分のページにやって来た人の名前が分かります。そればかりか、他人のページであっても、その人のページの訪問履歴を見ることができます。さらに、日ごとのアクセス数がグラフになって表示されています。そして、アクセス数の上昇に応じて、お知らせメールが配信されます。

このあたりは、他のSNSにはない機能ですね。もっとすごいのは、そのアクセス履歴から自分の名前を消してしまえるということです。名前を消しても、アクセス数の数字は減りません。

これによって、他のSNSで見られていた足あとが残るから...という不満はいくらか解消されそうです。残したい人は積極的に残していけばいいし、残したくない人はその都度消せばいいわけです。残さない方が面倒な仕様になっているというのは、基本的には残してほしいということなのでしょう。

グリーはミクシィとは明らかに違う方向に進んでいたと思っていたのですが、どうやらミクシィと差をつけられたことで、少しずつミクシィ化してきたようです。

私としては、同じようなものがいくつもあっても面白くないので、コミュニケーション中心のミクシィ、コンタクトリスト中心のグリーという風になってほしかったのですが、ちょっと違う方向に進んでいるようです。

元々グリーはコンタクトリストとして使うには不十分だったので、あまり使っていなかったのですが、これでまたさらに使わなくなりそうです。

日本ではほとんどのSNSに日記機能が実装されていますが、ゲストブックは実装されていません。ミクシィ以外ではあまり日記を更新していなかったので、私は日記をゲストブック代わりに使うことにしました。

なかなか、理想のサービスというものはないですね。いろいろと工夫しながら、使っていくのが良さそうです。

0 件のコメント: