2005年1月12日

Apple announced iPod shuffle, Mac mini and so on

今朝からAppleファンの間ではこの話題で持ち切りですが、アップルが噂通りのフラッシュメモリ版iPodと、ヘッドレスmacを発表しました。もう予約した人も多いかと思います。

iPod shuffleは、予想以上にいいですね。もう少し大きいものを予想していたのですが、これだけ小さいと、メモリカードが増設できないとか、そんなことはどうでも良くなります。

きっとすぐにもっと大容量のiPod shuffleが登場するのでしょうが、この値段なら文句はありません。特に512MBの安い方は即買いですね。

私は音楽プレイヤーの価格のひとつの目安を1万円と考えていたので、まさにぴったりです。この手の商品は変化が激しいので、メディアも含めて、商品としての魅力が長続きしないため、1万円を超える商品には魅力を感じていなかったのです。iPod shuffleは、1万円をほんの少し超えますが、これなら許容範囲です。

Mac miniも、なかなか魅力的です。ディスプレイどころか、キーボードやマウスまで別売りというのはかなり思い切った戦略ですね。キーボードやマウスも、Apple純正だと高価なので、安価な社外品を選ぶというのもひとつの方法ですが、キーボードやマウスは普段手に触れる部分だけに、本当はここでいいものを選ばないとMacの魅力が半減してしまいます。

Windowsユーザーが買い替えるにも、手持ちの周辺機器が無駄にならなくていいですね。でもiMacユーザーが買い替えるには、肝心のディスプレイが流用できないのでちょっと物足りないところです。Apple純正でMac mini用に安価なディスプレイを発売してくれると、初期のiMacユーザーの買い換えにもぴったりです。

私は、最新スペックを追い求めるよりも、必要にして十分な性能があれば、安価なもので十分という考えなので、今回発表されたiPod shuffleやMac miniは、非常に嬉しい商品です。

0 件のコメント: