2004年12月12日

I don't like excerpt and extend

我ながら、bloggerは続いていると思う。Blogを始めてから、何度か利用システムを変更した後、bloggerを使いだして、一度、movable typeを使ってみたが、またbloggerに戻ってきた。

なぜそんなにbloggerが良かったのか。いろいろと考えてみたが、やはりそのシンプルさ故に使いやすいのだろう。

Movable type、あるいはそれを手本にしたblogは、エントリの本文の他に、概要だの追記だのといった項目がある。これがどうも気に入らない。私にとっては、概要だの追記だのというのではなくて、全体で大切な本文だ。

ここ以外にも、続いているblogを見ると、どれも本文だけのシンプルな構成だ。Stylogも、更新頻度は低いが続いているのはそのせいだろう。特にstylogはカスタマイズもできないので、文章を書く以外にはない。

他にも、blog以前のコンテンツをblog形式で保存してあるwebry blogも本文だけの構成だ。Webry blogは、サイドメニューすらない構成にしてあるので、blogらしくない。元々blogではなかったものなので、この方がいい。

Seesaa blogは、かなり高機能だと勧めているが、自分では使っていない。いろいろとカスタマイズができて、概要だの追記だのとエントリを作成するときにもごちゃごちゃとしているのが嫌なのだ。最低限のカスタマイズは必要でも、デザインをいじるのが目的ではない。

あくまでも、blogの主役は本文だ。デザインを変更したところで、サイドメニューを凝ってみたところで、肝心の本文に内容がなければ意味がない。ニュースリーダーで読むときには、デザインやサイドメニューは見ないのだから。

そして、bloggerは、bookmarkletによって簡単にエントリを作成できる点も良い。Stylogやwebry blogはシンプルで良いが、bookmarkletがないので更新頻度が落ちてしまう。別に頻繁に更新する必要はないのだが、手軽に更新できるというのは便利だ。

Stylogやwebry blogは目的が違うので、bookmarkletがなくても不便はないが、bloggerにbookmarkletがなければ、ここまで続かなかっただろう。

これからも、当分はbloggerを使うことになりそうだ。

0 件のコメント: