2004年12月17日

Here are miscellaneous thoughts of the social networking services

最近、あまりにも多くのSNSが乱立しすぎている。

その中で、突出しているのはmixiとgreeだろう。会員数の面でもそうだが、そのシステムにも特徴がある。

mixiは、ワンストップ型。mixiだけで、用が足りる。メンバー間のコミュニケーションは、システム内蔵の日記と、メッセージ機能、そしてコミュニティで完結する。

携帯電話からの日記投稿や、携帯電話での閲覧にも対応していて、いつでもどこでもmixi、というわけだ。

greeは、リレーション型。greeの外の人間関係や、blogやメッセンジャーといったweb上のツールを、greeで結びつける。

greeにはシステム内蔵の日記機能はない。そのかわり、blogのrssを読み込んで表示することができる。コミュニティだけでなく、地域や出身校といったもので会員を関連づける機能もある。

このふたつのSNSは目指す方向が明らかに違う。そして、このふたつが、日本では圧倒的に規模が大きい。

それ以外のSNSは、このふたつに比べると規模が小さいものが多い。

そんな中で、もうひとつ私が注目しているのは、キヌガサだ。かなりふざけた登場の仕方で、最初のうちは際物にしか見えなかった。思いつきだけで作って、作り込みが追いついていない印象もあった。

しかし、今では、アイデアにプログラミングが追いついて、かなり機能が充実している。そして、第三の方向性を示してくれている。それは、「全部入り」だ。

キヌガサではmixiにある機能も、greeにある機能も、そしてそのどちらにもない機能もある。まるでブラウザのホームページに設定してくれといわんばかりの多機能ぶりだ。個人をベースとしたグループウェアだ。

私の友人がすべてキヌガサに登録したら、かなり便利だろう。カレンダーで予定を公開できるので、日程調整も簡単だ。仕事のパートナーがすべてキヌガサに登録したら、これで仕事ができるかもしれない。しかし残念ながら、SNSはまだそこまで浸透していない。だから、私も、可能性は感じているものの、これをどうやって使おうか、ということについては、まだ考えがまとまっていない。

実際のところ、SNSは友人あってのものなので、ここに紹介していない小規模なSNSであっても、気の合う友人同士で集まって登録すれば、楽しめるだろう。逆に、有名SNSでも、友人がいなければ、ちっとも楽しくない。

SNSが招待制というのは、「一見さんお断り」といった面ばかりが見られるが、実際のところ、紹介なしで友人のいないSNSに飛び込んでも、おもしろくない。楽しく始められるという点では、招待制というのは必然的なものだ。

0 件のコメント: