2004年11月25日

Here is a hint of blogging

他人に期待してはいけない。他人に期待されてはいけない。

昨年あたりからのblogブームのおかげで、数多くのblogが登場して、消えていった。ここで少しblogを続けるためのヒントを書いておこう。

お気に入りのblogを見つけたら、更新されていないか気になって、毎日どころか朝昼晩見るようになる。しかし、そういつでも更新されているわけではない。がっかりしてしまう。

しかしよく考えてみると、誰しもblogのために生活しているわけではないので、他にやることがあれば、blogの更新はしないし、時間はあっても、気乗りしないことだってある。他人のblogが毎日更新されるなどと期待してはいけない。ニュースリーダーを使って、更新されたらすぐにわかるようにしておいて、普段は知らなかったことにして過ごそう。

自分のblogにコメントがつくと嬉しい。せっかくコメントを書いてくれたのだからと、コメントに返答する。いつも読んでくれるおなじみさんができると嬉しい。毎日見てくれているのだから、毎日何か書かないといけない。そう思うと、プレッシャーになって、かえって更新できないものだ。

みんなが何か書くのを期待してくれているなどと思ってはいけない。自分が書きたいときに、書きたいことを書くだけ。そうすれば、自ずとblogは長続きする。Blogは「頻繁に更新できるもの」だが、「頻繁に更新しなければいけないもの」ではない。1ヶ月に1エントリでもかまわない、ゆっくりでも、続けることが、大切。

0 件のコメント: