2004年11月17日

Gmail allows pop access

私のgmailアカウントも、pop対応になったので、さっそく試してみた。

メールクライアントの設定は、あまり難しいことはない。気をつけなければいけないのは、SSL/TLS必須となっている点くらいだ。主要なメールクライアント用に、詳しい解説があるので特に問題はないだろう。

私は、mail.appと、thunderbirdで試してみた。

Gmailの設定を"Enable POP only for mail that arrives from now on"にしておくと、一度ダウンロードしたメッセージはもう出現しない。例えば、mail.appでメールチェックして、その直後にthunderbirdでメールチェックしても、未読メールはない。

これは、自宅と外出先など複数の環境でメールチェックしても、同じメールを重複して未読扱いにされることがないとうことだ。Webメールやimapと同様の使い勝手を、popで実現している。

意図して消去する設定にしない限りは、gmailのサーバーには、すべてのメールが残っているので、メールクライアントで読み出したメッセージは読んですんだら消去すればいい。

また、gmailの設定を"Enable POP for all mail (even mail that's already been downloaded)"にすると、読んで字の如く、すべての過去メッセージがダウンロードされる。こうすれば、今までのメッセージはすべてローカルに保存することができるが、すでにgmailをかなり使い込んでいる人は相当量のメッセージがたまっているはずなので、覚悟が必要だ。

使う前には、大容量ストレージにはimapが良いと思っていたが、これだけ凝ったことをしていればpopでも十分だ。なかなか使える。

0 件のコメント: