2004年9月15日

Pentax announced *ist Ds

以前から気になっていたpentaxのローコストデジタル一眼レフがついに発表された。

nikon d70と比較すると明らかに入門機スタイルだが、価格はどうやら10万円を切るようだ。eos-kiss digitalを買わなくてよかった。

入門機ということでカタログスペックはそれほどでもないが、ペンタミラーではなくちゃんとガラス製のペンタプリズムを搭載しており、pentaxらしい明るく見やすいファインダーになっているようだ。

記録媒体にはsdカードを採用している。デジタル一眼レフでは大容量を必要とするので、マイクロドライブを使うためにコンパクトフラッシュを採用していることが多い。最近ではsdカードもかなり大容量化が進んできたので、複数枚のカードを使う気があれば特に困ることはないだろう。

電池も単三4本タイプだ。もちろんcr-v3リチウム電池や、ニッケル水素充電池なども使えるので、普段の使用には問題ない。そしていざという時、入手しやすい単三電池が使えるので電池切れには強い。

そして、同時発表の製品群の中には、パンケーキレンズもあるようだ。参考出品らしいが、ペンタックスのパンケーキは人気が高いので、きっと製品化されるだろう。

昔のmeやmxなどの頃には小型軽量ボディにパンケーキレンズというのは機動力抜群で良かったが、いくら小型ボディとはいえ大きなグリップのついた最近の一眼レフだとパンケーキレンズをつけるとグリップの方が飛び出してしまう。

pentaxならいくつかレンズを持っているし、中古レンズも安く手に入るので、デジタル一眼レフ購入の第一候補にしておいてもいいだろう。

0 件のコメント: