2004年8月22日

Hotmail offers free calender again.

Hotmailが一時有料会員だけにしか利用できないようにしていたカレンダー機能を無料会員にも開放した。しかし、ずいぶん前から予告のあるメールボックス容量の増加はまだ実行されていない。

大容量が売り物のwebメールの中では、aventuremailとspyacがカレンダー機能を実装している。Gmailとwallaはメール機能だけだ。Aventuremailは日本語がまったく使えないのでどうにもならないが、spymacの方は日本語の入力もできる。メールは quoted printableでエンコードして、しかもutf-8なので普通のメールクライアントでは日本語が読めないが、カレンダーに関しては自分でエンコードしたものをデコードするのだから問題ない。

私自身はオンラインカレンダーというのはどうも使いにくくてあまり使っていない。"ネットに接続していれば"どこでも参照できるというのが売りだが、逆に言えばネットに接続していなければどこからも参照できないということだ。

それに、何が何でも日時を指定しなければいけないのは使いにくい。だいたいこのあたり、とか、明日の午前中の二番目、とかいう予定が組めない。Task listなども、日付や優先順位を指定できるのはいいのだが、必須になっていると使い物にならない。

特に私は流動的な予定が多いので余計にそうなのだろう。オンラインカレンダーとか、あるいはアプリケーションでもそうだが、面白がって使ってみるもののまず長続きしない。結局は紙の手帳に戻ってしまう。

0 件のコメント: