2004年8月20日

Canon announced eos 20d.

キヤノンがeos 20dを発表した。実売価格20万円前後ということなので、eos kiss digitalの倍近い価格ということになる。

もちろん、それなりに良くできているのだろう。私はデジタルカメラについてはキヤノンよりもニコンの方が画質が良いと思っているが、このクラスになるとどちらでも高画質だ。

ただし、どちらにしてもこのクラスは大きすぎる。私の使い方だと、銀塩のeos kiss程度の大きさまでだ。eos kiss digitalでも大きすぎると思う。

もっと小型軽量のデジタル一眼レフはできないのだろうか。ペンタックスが比較的小柄だが、もう少し頑張ってほしい。

手軽に撮影して手軽に写真をシェアできるデジタルカメラの使い方には、本格的な一眼レフよりもコンパクトカメラの方が使いやすい。確かに、一眼レフの性能が欲しいことがよくあるのだが、一眼レフを持ち出すとその大きさと重さがいやになる。

そして、私は50ミリレンズ愛好家でズームレンズ嫌いなので、ズームレンズ全盛のコンパクトカメラを敬遠している。一眼レフならズームレンズでも 50ミリ相当の画角に固定したまま撮影できるが、コンパクトカメラのほとんどはパワーズームなので、スタンバイの度にワイド端に戻ってしまう。それも多くののコンパクトカメラは私の苦手な35ミリ相当の画角がワイド端になっているから困る。

小型軽量のデジタル一眼レフと、50ミリ相当の単焦点レンズがあれば、ほとんどそれだけで満足できそうなのに、そんなものはない。

0 件のコメント: