2004年7月4日

How to use SNS properly.

いろいろとソーシャルネットワーキングサービスに加入してみたが、だんだんと使い分けのイメージができてきた。

orkut

orkutは紹介がなければ入れないが、中に入ってしまうと出会い系的要素がかなりある。利用目的にもdatingというのがある。ビジネスリンク的にも使えるのだが、人とのつながりに関する機能は豊富。どれを使うか使わないかは、利用者次第だろう。

個人的にはコンタクトリストとして使いたいので、連絡を取り合う人中心にリンクして利用する。実際には英語のサービスなので私の周りの日本人には勧められないのが難点。当分はあまり使い道がないかな。本当は全ての友人にorkutに登録して欲しいのだが、この手のサービス、それも英語のサービスをよく知らない友人は誘うまでが大変だ。

mixi

ワンストップサービスなので、mixiだけで全て完結する。Blogやweb pageを持っていない人にも勧められる。とはいえ、今まで積極的に情報発信してこなかった人が急に情報発信するようになるわけでもない。

mixiには希望があればどんどん紹介するので、私と交流のある人で紹介して欲しい人は私にメールアドレスを教えていただければ、紹介状を送付する。

追記:この記事を書いた後、まったく知らない人から招待状送付を要求されるようになったが、交流のない人は招待しない。

kinugasa

これはSNSではなくてfriendroll。写真入り承認制blogrollとでもいおうか。だからblogを開設していない人にはあまり楽しくないだろう。現状では使いこなしている人が少ない。Blogpeopleやmybloglist程度に使われないと実用にならない。承認が必要なので、名前だけでなくその内容も含めてもっと知れ渡らないと、リンク依頼を出しにくい。

最初に招待状をばらまきすぎているので、登録したが活動していないという人が多い。私の予想だと4000人程度は招待しているはずだ。greeは確か数人から始めたのではなかったろうか。現在、ユーザーの意見を取り入れて機能拡張している最中のようだが、方向性を誤らないで欲しい。

gree

方向性が見えてこない。最初はorkutと同じ方向を目指していたのかと思っていたが、気がついたらfriendrollの機能が追加されていた。当分は様子見。現在は積極的な活動はしていない。

echoo

招待がなければ入れないことになっているが、ゆびとまに登録すると同社社長からの招待状が届く仕組みになっているので、実際には誰でも登録できる。mixi的アプローチとorkut的アプローチの中間なのだが、そのために中途半端な印象がある。登録はしているが活動は完全に休止状態。

friendmap

日本でSNSがどっと出てきたときに登場したサービスの一つだが、紹介がなくても入れるのでかなり出会い系に近い。しかし出会い系ではないので、中途半端。試しに登録してみたが、まったく利用していない。

blogger user profile

いろいろとSNSに登録していると、プロフィールの入力が面倒だし、更新も大変だ。興味の対象が移ってしまったときに、一部のSNSだけ更新すると、内容に矛盾が出てしまう。だからSNSにはプロフィールをあまり書かずに、blogger user profileに誘導するようにしている。これなら誰でも見れるし、一つだけ更新すればいい。

0 件のコメント: