2004年6月10日

iTunes 4.6 has been updated.

Software update経由で、iTunesを4.6(15)にアップデートした。Airmac expressを持っていないので、あんまり意味はない。

最近は音楽を聴くにはiTunesに依存している。iPodは持っていないが、元々家でしか音楽を聴かないので、それほど必要性を感じていない。それでも欲しくないか、と聞かれたら、欲しいと答えてしまうのはなぜだろうか。

これほどまでにiTunesに依存していて、iPhotoのように突如有料化されたらどうしようかと思ってしまう。それほど高額にはならないだろうが、無料にしておいてデータがたまったところで有料化、という手法に納得できない。

とはいえ、iTunesは手持ちのCDをリッピングしているだけなので、なくなったからといって直接CDを再生すればいいだけのことだ。CDの入れ替えが面倒なので新しいものしか聞かなくなるだろうが、有料化されてもそれほどダメージがない。ということは、appleも有料化してもメリットがないとうことか。それなら有料化はないだろう。ちょっと勝手な理論かな。

0 件のコメント: