2004年6月5日

I can't send email to spymac from aventuremail.

2Gbytesのストレージで話題になっていたaventure mailだが、あまりの話題ぶりにアクセスが集中してなかなか登録すらできなかった。なんとか登録することができたので、少し使ってみた。

とりあえずテストメールを送ってみることにした。まずは世界初の1Gbytesメールとして有名になったspymacのアカウントに送ってみた。しかし、なかなかメールが届かない。待っている間に、spymacからaventuremail宛にメールを送信して、そのメールに返信することにした。

Spymacから送信したメールはすぐにaventuremailに届いた。さっそく返信してみる。しかしやっぱりaventuremailから送信したメールはspymacには届かない。aventuremailのsmtpサーバーの調子が悪いのだろうか。

今度は他のアカウント宛にテストメールを送信してみた。これはすぐに届いた。そして返信してもやはりすぐに届いた。複数のアカウントでテストしたが、問題があるのはaventuremailからspymacに送信した時だけだった。

spymac側でspamフィルタかなにかに引っかかっているのだろうか。とにかく、aventuremail側には問題はないようだ。

しかし、日本のサービスではないので日本語のメールは表示できない。UTF-8でエンコードすると、ブラウザで文字コードを指定することで表示することはできるが、一般的な日本語メールで使われているISO2022-JPだと、ブラウザで指定しても文字化けすることがある。

Pop/imapアクセスができればwebメールで文字化けしても問題なく使えるのだが、残念ながらそれはできないようだ。


日本語メールに関してはある程度あきらめなければ仕方がないが、aventuremailには一つ魅力的な仕様がある。保存したメッセージに対してコメントを付けられることだ。通常は受け取ったメールは加工できないので、これは便利。特に大容量ストレージでメールを溜め込むと、こういったコメントがないと後から見てもわけがわからなくなるだろう。

また、inboxを表示すると、その上部に現在のストレージ使用状況がグラフで表示される。これはなかなか便利だ。さすがに2Gbytesなので少々のテストメールでは使用率は0%のままだ。

カレンダーもついているが、今のところオンラインカレンダーには魅力を感じていないので単なる日付のわかる表示としてしか認識していない。

日本語の表示に難があるのは致命的だが、メールを溜め込むにはspymacよりいいかもしれない。

0 件のコメント: