2004年5月28日

I forgot to type site url, my email address shown on weblog.

Movable typeを利用しているサイトでコメントを投稿するとき、名前とコメント文の他にメールアドレスとサイトのurlを入力する欄がある。

ここでメールアドレスとurlの両方を入力すると、コメント投稿者の名前にはurlへのリンクが作成される。メールアドレスだけだと、メールアドレスへのリンクが作成される。メールアドレスを表に出したくないときには、urlを入力すればいい。

TypeKey の認証を導入したサイトでは、名前とメールアドレスの入力欄が省略されている。このふたつはTypeKeyの認証情報から取得できるからだ。urlとコメント本文だけを入力すればいい。urlは省略可能だが、ここでurlの入力を省略してしまうと、メールアドレスが表に出てしまうのは以前と同じだ。

メールアドレスの入力欄がないからといって安心してはいけない。TypeKeyからメールアドレスを送信しないようにすればいいのだが、コメントスパム防止機能でメールアドレス必須になっているサイトもあるので、気をつけなければいけない。

TypeKeyで認証しているのだから、メールアドレスやurlではなくて、TypeKeyのprofileページにだけリンクを作成すればそれで十分な気がする。そうすればTypeKeyで設定した情報だけが表示されて、思わぬ事態になることはない。

現状でもTypeKeyのprofileページへのリンクは作成されているのだから、それ以外のリンクはやめても十分なのではないかと思う。

ちなみに、このサイトのコメントはhaloscanを使っているので、メールアドレスとurlを入力した場合、両方とも表示されてしまう。表示されたくない情報は入力しないようにしてほしい。

また、bloggerのコメントシステムを利用した場合には、bloggerのprofileページへのリンクが作成されるようだ。非bloggerユーザーがコメントを投稿した場合については、確認していない。

0 件のコメント: